FC2ブログ

YFC | ヨリイフィルムコミッション BLOG

寄居町を映像を通してPRしたいと立ち上がったのがYFC。
そんなYFCの事務局が不定期に情報発信中!

好きなものをずっと好きでいられる、そんな自分で在り続けるということ。

75年前の今朝8時15分

広島に原子爆弾が投下されました



人類史上初となる、都市部への核攻撃は

「第二次世界大戦」末期のことでした





変えよう‼ 代表でございます。







それから22年後に、僕は生まれたわけですが

いま思うと



20年ほどで、あんなに華やかな安定した時代を

日本人は手に入れることが出来たんですねぇ。





戦後イチバンの大衆娯楽として

街のあちらこちらには、映画館が建ち並び



子どもの頃に観た、アメリカ映画にも

「Japan 日本」というセリフが使われていたのを覚えております。





さらに10年後、僕はある映画館で

その後の人生を大きく左右する“1本の映画”と出逢います



当時の人気者大スターである山口百恵&三浦友和さんの

映画『泥だらけの純情』との併映作品で



グリコ・アーモンドチョコレートなどのCMディレクターから

今作で、初の商業映画の監督を務められた大林宣彦監督の映画『ハウス』(77年)。





この映画に本当に衝撃を受けて現在

映画制作のお仕事をされていらっしゃる方々も多い



今なおカルト的な、その大人気映画は

当時10歳の僕にも“映画”という魔法をかけてくださいました。





それから、ずっと映画と一緒だった少年・青年時代や

“フィルムコミッション”の活動を続けながらも実は



特撮ヒーローと同じくらいに

「大林監督に会いたい、作品に携わってみたい」と想いを馳せておりました。





いまから2年前の夏、サッカーW杯・ロシア大会で盛り上がっている頃に

大林監督の20年ぶりの故郷“尾道ロケ”新作の発表を目にし



監督のお身体のことや、深谷シネマへいらっしゃった時も

竹石館長から誘われていたにも関わらず仕事でお伺い出来ずに



頂いたサインを手にしながらも、いつかお会いしたいと…





その新作エキストラ・エントリーに通り、片道12時間かけて尾道まで夢中で車を走らせ

40年以上経ってしまいましたがようやく監督にお会い出来ました



「ここで尾道に行かなかったら後悔する」そう思ったからです。





あまり、詳しくは書きませんが

僕にとって信じられないような撮影中のエピソードもあり



撮影終わりに40年憧れ続けた大林監督から

「ありがとう」と、手を握っていただけたこと



言葉に詰まり「ようやくお会い出来ました」としか言えませんでしたが

あの時の監督の優しいお顔と、温かい手のぬくもりは生涯忘れません。





初めて訪れた尾道で、タイムスリップしたかの様に戦火の人となり

10歳の頃から憧れ続けた大林監督の映画の世界に自分も参加出来た喜びは



再びの片道12時間の“トンボ帰り”も、決して苦には感じませんでした。







大林宣彦監督、僕はこれまで“映画”にたくさん救われました

つらい時も元気無くした時も“映画”が生きるヒントをくれたのです



だから、まだまだ“映画の魔法”はしばらく解かないでいてください。



貴方から教わったもの

「好きこそものの」ではないですが、もう少しだけ追いかけてみたいと思います。





故・大林宣彦監督、またいつか“次回作”にもエントリーできるよう

その時まで楽しみにしております。



映画『海辺の映画館 −キネマの玉手箱』、本当にありがとうございます。





戦争の犠牲になられた多くの方々に対して

黙祷を捧げます。









がんばろう‼ 直感的に‼
202008060241147da.jpg
スポンサーサイト



  1. 2020/08/06(木) 02:41:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そろそろ、呼吸を整えましょう。

久しぶりに

気持ち良く晴れました



梅雨もコロナも

終わったわけではありません





がんばろう‼ 代表でございます。







おかげさまで先週も

ご新規さん含め、大勢のご来店をいただきました



いつもありがとうございます。





また、撮影に伴うお問い合わせの方も

動き出してまいりました



“全集中”して、臨みたいと思います。







今夜はドラマ『鍵のかかった部屋 特別編』

最終回「硝子のハンマー 後編」が21時より放送されますが



寄居町内、各所で当時撮影が行われました。



いくつわかりますか

是非とも、ご覧くださいませ!









がんばろう‼ ルーティン‼
20200629182327e3e.jpg
  1. 2020/06/29(月) 18:17:48|
  2. 鍵のかかった部屋 情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴチソー尾張さんの「家で観る映画」。

早いもので

4月も残り8日です



相変わらずの「外出自粛」と

不安定な、天候が続きます





がんばろう‼ 代表でございます。







ここのところ、現在の僕をつくってくれた大好きな“映画”界のために

少しでも恩返しとなればとの想いから



「#SaveTheCinema 「ミニシアターを救え!」プロジェクト」

「ミニシアター・エイド(Mini-Theater AID)基金」



「エンターテインメントの火を絶やさないために。 今こそ、ドライブインシアターを一緒につくろう。」

3つのクラウドファンディング協力と





よく行く映画館や、縁ある全国のミニシアターの

「オリジナル劇場応援Tシャツ」を購入させていただいております。







そして今回

2月のぶろぐ。でも、彼の「特集上映」をご紹介いたしました



親交ある俳優の、星能 豊より再び依頼を受け

尾張地方の情報サイト『ゴチソー尾張』 http://rintaroh.net/



こちらのサイト内で、先日より開始の「家で観る映画」コーナーに

「YFC ヨリイフィルムコミッション」代表として寄稿しております。





毎回、10名の文化人がひとり一本ずつ

自粛中にお家で観る映画をご紹介



星能はvol.1に

僕は昨夜から更新の、vol.2の方に登場しております。





僕自身も、ここ数週間のお休みには

ずっとカウチポテトを楽しんでおりますが



作品選びの参考に

みなさん、是非ご活用くださいませ♪









がんばろう!! エンタテインメント!!
2020042309401961c.jpg
  1. 2020/04/23(木) 09:38:09|
  2. YFCの取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大林宣彦監督、本当にありがとうございました。

ヒンヤリする日曜日

静かな朝です



今にも泣き出しそうな空は

いつの日か、綺麗な「夕焼け」を迎えるでしょう





がんばろう‼ 代表でございます。







政府による、国内初の「緊急事態宣言」後

初めての土日



少しずつ、その効果が現れ始めたようです。





「不要不急の外出」を控え

ここはひとつ、本気で“意識して”



みんなで見えない“敵”を封じ込めましょう!!





ここから先は、一人一人がまさに

ヒーロー・ヒロインとして協力してゆきましょうね。







去る10日

尊敬する、偉大な「映像の魔術師」が旅立たれました。



日本を代表する映画監督・大林宣彦さん(享年82歳)

奇しくもこの日は、最新作の公開日でした。





度々、ぶろぐ。にも書かせていただいておりましたが

1977年公開の映画『HOUSE』に衝撃を受けた子ども時代



「映画って、こんなことが出来るんだ! すごい!」



CMディレクターから転身、商業作品の第1作目から

物議と話題を振りまいた衝撃的デビュー作は



いまだにカルト的な人気を誇り

映画制作業界で働く人も、この作品に影響を受けた方々も多いことで知られております。





そして、更に監督の名前が世に知られることとなる“尾道3部作”

映画『転校生』(82年) 映画『時をかける少女』(83年) 映画『さびしんぼう』(85年)は



僕ら世代の青春映画の金字塔でもあり

揺れ動く10代ならではの、描写の切り取りはマジックのようでした



この3作品が、いわゆる日本映画における「フィルムコミッション」の走りと言われ

監督の故郷・尾道市の地元のみなさんと一緒に創り上げた映画でした。





僕は映画の世界に憧れ、業界で働きたかった夢も実はありました



映画のヒーローやヒロインから学び

現在でも、様々な作品から“気づき”を教わることも数多くあります。



「YFC ヨリイフィルムコミッション」を設立した当時

仮面ライダーと、大林宣彦監督に少しでも近づけたら…



そう思ったのは本音です。





いつもお世話になっている

監督が名誉館長を務める「深谷シネマ」さんには



幾度か、監督ご自身もご来館され

竹石館長からもお声がけ頂いておりましたが



なかなか仕事とのタイミングが合わず

それでも、写真のサインを頂戴したのが記念となりました。





数年前の映画『HOUSE』リバイバル上映時もリクエストさせていただき

確か、3回ほど観に行ったかと思います笑





監督の遺作となった映画『海辺の映画館 −キネマの玉手箱』



ついに、憧れの監督と一昨年

尾道でお会い出来ることとなりました。



公開前なので、まだ細かく書きませんが

監督の現場の緊張感と手の温かさ



「ありがとう」とお声をかけていただけたこと

絶対に忘れません。





あなたにずっと憧れた、当時10歳だった少年は

スクリーンの中にある場所にいま



おかげさまで近づくことが出来ました



僕に「映画の面白さ」を教えてくれた大林監督

本当に、本当にありがとうございました。



どうぞ安らかに。   

              

              

         合掌









がんばろう‼ まっすぐ‼
20200412101433e06.jpg
  1. 2020/04/12(日) 10:12:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無駄なことこそ、役に立つ。

また、新たな週が始まりました

暖かな陽射しです



大変な日々が続きますが

「想像力」豊かに進んでゆきましょう





がんばろう‼ 代表でございます。







4月に入り、新年度・最初の週も

おかげさまで良いスタートが切れました。





年度末・最終日と共に

今年も現在、毎月のご新規さんにご来店いただいており



このご時世に、いつも通りのペースで

忙しくお仕事させていただけていることに感謝です。







埼玉県の「ロケ地MAP」

“特撮コーナー”に載せていただきました。





今日のお休みも

「良質な映画」でカウチポテトしております。





こういった時にこそ

更に、時代の感性を磨くこと

 

ものすごく重要だと思います。





「生き残るためのセンス」



意識してゆきましょう。









がんばろう!! ルーティン!!
20200406161826b97.jpg
  1. 2020/04/06(月) 16:16:44|
  2. YFCの取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

YFCブログ用

Author:YFCブログ用
YFCに関連する最新の情報を
YFC構成員によって発信していきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード