YFC | ヨリイフィルムコミッション BLOG

寄居町を映像を通してPRしたいと立ち上がったのがYFC。
そんなYFCの事務局が不定期に情報発信中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本日早朝、寄居町商工会青年部員らは「女川町」へと向かいました。


1月も
第4週目に入りましたょ

明日からは
いよいよ「下旬」に入ります


がんばろう!! 代表でございます。



嬉しい便りが届きました

昨年、1月に
「ようこそ原発の町へ」設定・寄居町でクランクイン


お隣の深谷市さん×熊谷市(妻沼)さん

そして
3.11 被災地でも撮影が行われました


映画『希望の国』 園 子温監督


今作品に出演されておりました
俳優・夏八木 勲さん(73)がこの度

「第67回 毎日映画コンクール」にて
【男優主演賞】を授賞されました


夏八木さん、映画関係者のみなさん
本当におめでとうございます



夏八木さんと言えば
70'-80'の角川映画の、まさに"顔"として

数多くの作品に
圧倒的な、存在感たっぷりの渋い演技で

子供ながらに
強烈な印象を受けたのを覚えております


夏八木さん、俳優人生・50年の金字塔です



実は、この映画『希望の国』のお話を頂いた時


あの、夏八木さんのお仕事の
お手伝いをさせていただける

あの、夏八木さんが寄居町にいらっしゃる


もちろん、そればかりではない
誘致するにあたっての危惧する不安材料や世論など

なかなか難しい作品であったことは
前にお伝えさせていただいた通り


その反面で
個人的にも憧れの役者さんの作品に携われる喜びは

もう、ドキがムネムネでした



共演者の方々も
そして、もちろん園監督もみなさん素敵な方ばかりで


沢山の方々にエキストラ出演していただいた
「避難所」設定の寄居町ロケの雰囲気や

警官役で出演させていただいた
「小野家」設定の深谷ロケでは

目の前に夏八木さんがいらっしゃり…


「杭」を支える僕の手と
夏八木さんが同カットに


本当に、興奮しながらの撮影現場となりました



この作品の意図する思いは

園監督の言葉通り
「今、自分たちが撮らなきゃいけない」


俳優陣、スタッフのみなさんが
渾身の想いを込めて作った映画です。


この映画に携わった
寄居町のみなさん含む、沢山の人々の想いは

いまだに続く
全国的なロングランの大ヒットが物語ります


実際にあったお話を
被災された方々への取材をもとに

園監督が書き起こした
なかなか、メディアでは伝えきれない部分に焦点をあてた作品。



あれから、もう少しで
まる2年が経とうとしておりますが

映画『希望の国』を通じて
どうか、被災地を忘れることなく

風化させることなく


まだまだ、みなさんにも
支援していただきたいと思います。



※埼玉のみなさんへ

いよいよ3月10日からは
聖地「深谷シネマ」さんでの上映がスタートですょ




がんばろう!! 東北!!
スポンサーサイト
  1. 2013/01/20(日) 03:06:31|
  2. 希望の国 情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「明日は来る!!」


昨日も
暖かな1日でしたね

「正月三が日」も
今日で終わります


がんばろう!! 代表でございます。



ご挨拶が遅れましたが

みなさん
明けましておめでとうございます。

また本年も
どうぞよろしくお願いいたします!



さて、昨夜鑑賞してまいりました

本年一発目の「鑑賞初め」
映画『レ・ミゼラブル』


期待通りの
魂が奮えた、至高の1本でした!!

いやぁ~、本当に素晴らしかった!!



1862年・発表の原作から

1985年以来の
世界的ロングラン記録を更新し続ける「ミュージカル」の最高峰♪


言わずもがなの

世界が泣いた
永遠に語り継がれる物語『レ・ミゼラブル』


こんなにも素晴らしい作品を
よくぞの、奇跡の完全映画化!!


今回
豪華かつ、大好きな俳優陣が顔を連ね

「ジャン・バルジャン」役にはヒュー・ジャックマン

「ジャベール」役にはラッセル・クロウ

「ファンテーヌ」役にはアン・ハサウェイ


そして「コゼット」役には
大好きなアマンダ・セイフライドさんが。



憎しみと絶望の淵から
「人を許す」ことを学んだ男、ジャン・バルジャンは

人を蹴落とし奪い合いながら自由を求める
そんな時代に翻弄された、悲劇の女性・ファンテーヌと再会する


彼女の愛娘、コゼットを託された
「生涯孤独」だったはずのジャン・バルジャンの心に

いつしか、「償い」という名の
ささやかな"灯り"がともる。


ジャベールの追手から逃亡する日々は
やがて、フランスの"革命"の戦地へ-



30曲を超えるミュージカル・ナンバーは
『革命』という名の下に

生きるのが難しい時代にだからこそ
輝きを増す人と人の「絆」

そして
誰かのために生きることの尊さ


困難に立ち向かう「勇気」と
「希望」を持つことの大切さ

それらを高らかに謳いあげています。



自信を持ってオススメする珠玉の作品
映画『レ・ミゼラブル』

魂を揺さぶる超感動大作


ぜひ、たくさんの方々に
ご覧になっていただきたい作品です。




がんばろう!! 市民革命!!
  1. 2013/01/03(木) 01:13:59|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

YFCブログ用

Author:YFCブログ用
YFCに関連する最新の情報を
YFC構成員によって発信していきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。