YFC | ヨリイフィルムコミッション BLOG

寄居町を映像を通してPRしたいと立ち上がったのがYFC。
そんなYFCの事務局が不定期に情報発信中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

結構ドン底だけど、この手がまだまだ届きそうだ やってみるよ。だから…だから最後まで諦めちゃダメだ!


冷たい雨の金曜日
今日は『世界平和記念日』です

雨ニモ、風ニモ負ケズ
『人間の自由のために』闘う男の話です


がんばろう!! 代表でございます。 (今日は長いょ)



1971年11月11日


ちょうど40年前の今日
『デンライナー』は、その地に到着

1枚のセルメダルが
40年もの間【歴史と宿命】をも変えてしまった-



この1月上旬に
【ヒーローの聖地】寄居町でも撮影された

映画『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』
(2011年4月1日公開)


こちらのDVD&Blu-rayが好評発売(レンタル)中でございます



『仮面ライダー生誕40周年記念』
『東映創立60周年記念』として制作された記念映画に

『YFC ヨリイフィルムコミッション』として、撮影協力できる喜びは
念願というよりも『悲願達成』といったほど

エンドロールには
寄居町だけでも4つのクレジットがされております


憧れ続けた『仮面ライダー』の長い歴史に
改めて、名を連ねることがようやく出来ました



『仮面ライダー1号・本郷猛』役の藤岡 弘、さん
『仮面ライダー2号・一文字隼人』役の佐々木 剛さん

そして『仮面ライダーV3・風見志郎』役の宮内 洋さん
お三方が『声の出演』を果たし


『人造人間キカイダー』や『イナズマン』などの
【東映ヒーローズ】も華を添えてくれた作品


興行収入や観客動員数も記録ずくめ



そしてなによりも
今作品はストーリーが素晴らしく

ただのお祭り企画でなく
『ファンと共に歩んだ40年』をコンセプトに


劇場等で既にご覧戴けた方々にはお分かりの
それを象徴するシーンこそが


ショッカー軍団に支配された長い時代

囚われの身となり【公開処刑】直前の
『映司(オーズ)』『Mアンク』『幸太郎(NEW電王)』の3人を

Wライダーらと共に救出に駆け出す群衆

(その後、オールライダー総登場)


実はマサもこの中に紛れ混んでいる訳ですが

(1月下旬・極寒のつくばロケ)


【ここがキモだ!】

〈ライダーたちを助けるために
ショッカー怪人軍団に立ち向かう一般市民を描く〉そのシーンの中に

実は今回のテーマのひとつでもある

『人々の想いが時間を創るんです。

つまり、人々の想いがある限り
仮面ライダーは何度でも甦るのです』。


そんな
オーナー(石丸さん)のセリフが効いている

(石丸さんはこの日の大勢のエキストラによる熱演に興奮
思わず、拡声器で激励の言葉を。:メイキングより)



そして
【心が奮える一番の感動のシーンは!!】

その前のカット
今作のキーマン『ミツルとナオキ』という名の2人の少年


『正義』を信じられなくなった絶望の淵から
自分たちを寸前、救出してくれたライダー


しかし、その後のピンチを察し
40年前の時間に1人残ったナオキから

現代に生きる『少年仮面ライダー隊』の一員となった
ミツルに託された一通の手紙


その手紙に隠された真実を
ミツル(今井君)が止めどなく溢れる涙を拭いながら読み上げるシーンは

解っていても
観る度に、こちらもボロボロ涙を流してしまう

今作最大の『感動の名場面』


40年の時を経て
託されたその真実の想いとは…



「僕たちが未来へ伝えたい思いはただ一つ

仮面ライダーはせいぎの味方。」



そして
一気にクライマックスへと物語は進行してゆきます



このシーンこそが
この作品のすべてであり

40年分の『想い』が凝縮されたカットとなっております。


ずっと後世に語り継がれてゆくであろう
その最大の『見せ場』は


映画公開を間近に控え
起こってしまった、あの「3.11 東日本大震災」


信じられない目の前の光景に
誰もが言葉を失い、悲しみに暮れました。


震災後、奇しくも

宮城県登米市の『石ノ森章太郎ふるさと記念館』に
力強く立ち続けた「仮面ライダー像」に見た

『世界よ、これが日本のヒーローだ!!』


【ヒーローは最期の瞬間まで、絶対に諦めない】。

屈しない、そんなメッセージ性の高い
まさに40年の歴史を感じさせてくれ

日本のすべての子供たちに勇気をくれる
『熱い』感動の超大作となっております。

(『石ノ森記念館』ライダー・チャリティーTシャツも到着
まだまだ、長期スパンで風化させない)



-昔、ヒーローが僕らに勇気をくれた。

『大切なこと』をたくさん教えてくれたんだ-



感動の映画ラストシーンでは
すべての謎が明らかに


主演の『仮面ライダーオーズ・火野映司』役の渡部 秀さんは
小学1年生の頃『仮面ライダークウガ』(2000年)を観て

以来、ずっと『仮面ライダー』に憧れ続けていたそうです



ぜひ、まだご覧いただいていない方も

子供の頃に感じた、熱い何かがきっと
身体の奥底から込み上げてくると思います

鑑賞してみてください



この夏の『劇場版オーズ』を挟み


いよいよ来月10日からは
40周年企画ラストを飾る

『仮面ライダー×仮面ライダー
フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX』が公開

(前売り券は好評発売中)



記念イヤー・エンディングに相応しい

そして
明るい新たな時代が訪れるよう

『一人一人がヒーローになる。』


そんな想いで年末まで
そしてその先も、駆け抜けてゆきたいですね



世代(時代)は代わっても
『正義の継承』は、決して終わりはしない




がんばろう!! 変身っ!!
スポンサーサイト
  1. 2011/11/11(金) 03:09:08|
  2. DVDリリース情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アザひとつできない生き方なんて、認めない。 | ホーム | 自由と平和を愛し、文化をすすめる。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yfcblog.blog43.fc2.com/tb.php/147-3f1123b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

YFCブログ用

Author:YFCブログ用
YFCに関連する最新の情報を
YFC構成員によって発信していきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。