YFC | ヨリイフィルムコミッション BLOG

寄居町を映像を通してPRしたいと立ち上がったのがYFC。
そんなYFCの事務局が不定期に情報発信中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アキが残していった、大切な教え。


週の真ん中・水曜日
後半はまた、お天気良さそうです

されど気温は上がりません
暖かくしてお出かけください


がんばろう!! 代表でございます。



今朝は感動のネットニュースをひとつ


【『岩手』街を人を変えた「あまちゃん」】


NHKの朝ドラから生まれた「あまちゃんブーム」。

舞台となった岩手県久慈市で
観光客を前に実際に海に潜っていた「高校生海女クラブ」の4人に

肌で感じたドラマの波及効果と
"あまちゃんの町"の未来を語ってもらいました。


ドラマが9月に終わり、冬を迎えた久慈市。

日が沈むと、中心部でさえ人けはなく静けさに包まれる。

"あまちゃんビル"として知られる久慈駅前ビルも来年度の解体が決まった。

しかし辺りを見渡せば「あまちゃんのロケ地です」と
ポスターや立て看板が躍る。


集まってくれた海女クラブの4人も、活気に満ちていた。

「アキちゃんだ!ってよく声をかけられました!」。

女子高生らしくはしゃぎながら
この1年の"潮騒のメモリー"を笑顔で語る。

クラブは約8年前、市観光物産協会が始めた。

ドラマの主人公アキと同じハチマキ、かすりはんてん姿の女子高生が
名産品の販売など観光PRを行う。

夏場は、劇中でアキも潜った小袖海岸(同市宇部町)で
観光客を前に素潜り漁に挑む"リアルあまちゃん"だ。

昨年も参加した高校2年の中川沙耶さん(17)は
「今年できた小袖への直通バスは、いつもすし詰め」と回想。

同じく2年目の高校2年、中野百瑛(もえ)さん(17)も
「たくさんの都会のお客さんが、凄い、凄い!と見てくれた」と

地元の"じぇじぇじぇ"な過熱ぶりを語る。

自分たちもまた、ドラマにくぎ付けになった。

「去年まで、普通にド田舎としか思えなかった」(中川さん)という
故郷の何げない風景や地味な漁港が

画面の中で見違えるような輝きを放つ。

ドラマに影響されクラブに入ったという高校1年の日ノ沢穏(やすき)さん(16)は
「卒業したら一刻も早く東京に脱出したいと思っていたけど、久慈のことが好きになれました」という。

初体験の素潜りで、日ノ沢さんはおぼれてしまった。
「でもその後、海女さんが一生懸命助けてくれて、できるようになったんです」。

その時、観光客から掛けられた「頑張ったね」の声が忘れられないという。

ドラマは久慈市全体を明るい雰囲気に包んだ。

つらい東日本大震災の体験から
前を向くきっかけをもらった人もいる。

高校1年の小田彩さん(15)は両親の職場が全壊した。

「茶色い波が押し寄せ、次の瞬間湾の水がなくなった。
かと思うと大きな波が来て、湾が渦潮のようにうねった」と脳裏にこびりつく恐怖の光景を語る。

金銭面から、進学の夢にも影が差した。

学費の足しにしようと海女クラブに加入したが
他のメンバーは「最初は暗く、無表情だった」と振り返る。

でも活動を通じ「今はいつも笑っている」と周囲から言われるようになった。

中野さんは
「他の地区に比べ何にもないけど
人のつながりがメッチャ強いのが、久慈の何よりいいところ。

ドラマでもそこが描かれて、今年はこの町の温かさをあらためて実感できた」と話す。

海女クラブは今や「ご当地アイドル」状態。

劇中よろしく、地元鉄道の車内でイベントを行うなど活動の幅を広げる。

でも「自分の手でやってる感じじゃないし…」と
中川さんは満足していない。

「ブームに乗った形でなく、今度は私たちの力で、久慈の未来を築いていきたい」と話す。

小田さんは「大学に行けたらバイオテクノロジーを研究して
久慈だけでとれる名産品を育てたい」という夢を教えてくれた。

他のメンバーの夢は多彩だが
「将来は久慈をもり立てたい」という思いは共通。

「あまちゃんがなければ、こんな気持ちにならなかった」と中川さんは言う。

あまちゃん狂騒曲は、一区切りを迎えた。

だがこれからは、ドラマをきっかけに生まれた大勢の"アキ"が
愛すべき故郷をさらに輝かせる。

(9日 Yahoo・スポニチ)



このドラマがもたらした最大の功績は

たくさんの原石たちが
自ら、輝きを放ちはじめたことではなかろうか?


アキが
「あまちゃん」が残していったものは

確実に
アキの後輩たちが受け継いだ。




がんばろう!! アキ!!






スポンサーサイト
  1. 2013/12/11(水) 07:15:07|
  2. その他
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<2014年も、良質な作品を。 | ホーム | その「殻」は、壊せたのかぃ?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yfcblog.blog43.fc2.com/tb.php/251-5986dc20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/12/12 08:51)

久慈市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2013/12/12(木) 08:51:37 |
  2. ケノーベル エージェント

プロフィール

YFCブログ用

Author:YFCブログ用
YFCに関連する最新の情報を
YFC構成員によって発信していきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。