YFC | ヨリイフィルムコミッション BLOG

寄居町を映像を通してPRしたいと立ち上がったのがYFC。
そんなYFCの事務局が不定期に情報発信中!

今、注目のFC フィルムコミッション。


今日も
気温は上がりそうです

明るい色の帽子着用や
服装での体温調整も、お忘れなく


がんばろう!! 代表でございます。



熱い、盛り上がりを見せる
こちらの話題をネットニュースから


【~山形~るろうに剣心、参勤交代…各地で大型映画ロケのワケ】


◇「ゆかりの作品」誘致、きっかけに 県が後押し、FC奔走

大型映画の山形県内での撮影が相次いでいる。

8・9月に公開を控える
製作費30億円のアクションエンターテインメント「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」や

興行成績で健闘している
「超高速!参勤交代」といった映画のロケも県内で行われた。

山形を舞台とした藤沢周平作品や「おしん」など
これまでの映画とは明らかに異なる。


物語とは無関係の山形に撮影隊がやってくる理由とは?


「るろうに剣心」では、文翔館(山形市)が明治維新後の内務省に。

「超高速!参勤交代」では
霞城公園(同)の城壁が江戸城として撮影された。


関係者によると、「超高速!参勤交代」では

これまでに藤沢周平作品の撮影で山形を幾度も訪れていたスタッフらの意向で
霞城公園での撮影が決まったという。

県ゆかりの作品のロケを誘致し続けたことが功を奏したようだ。


一方で、「るろうに剣心」のスタッフは若手がほとんど。

藤沢作品との関係もないという。

同作の大友啓史監督は
これまで藤沢作品が中心だった山形の撮影地としての新たな可能性を指摘する。


「海坂藩のイメージがもたれがちだが
新鮮な目でみれば全く違う文脈で捉えられる。

庄内砂丘は砂浜に緑も交じっていて
北欧のような雰囲気すら漂わせている。

るろうに剣心では、そうした部分を映し出した」


山形でロケをするきっかけは
庄内映画村(現スタジオセディック庄内オープンセット=鶴岡市)での撮影だったという。


「映画村を下見した帰りに
期待もせずに文翔館に寄った。

するとすばらしい雰囲気の建物だった。

映画村だけの撮影ではもったいないので
県内各地でどんどんロケをさせてもらった」と語る。

他に庄内砂丘や
鳥海山大物忌神社(遊佐町)などでもロケをした。


庄内映画村は、敵に焼き尽くされる村として登場。

重要なシーンとなっている。


映画村での撮影と合わせて県内各地でもロケができるメリットは大きい。


◇県もさらに映画の撮影を誘致しようと積極的だ。

9日、県庁を表敬訪問した大友監督に
吉村美栄子知事は県内の撮影ポイントをPR。

観光地紹介のポスターを見せ
これまでロケに使われた土地などを次々に挙げた。


ロケ地として注目を集める山形に
今後も撮影隊を引きつけさせるには何が必要か。


大友監督は「フィルムコミッション(FC)の役割が最も重要」と語る。

FCは映画やテレビの撮影などを支援する存在。

自治体やNPOが各地で組織している。


文翔館も国の重要文化財に指定されているため
撮影許可の申請にはFCが奔走した。


大友監督は「『撮影の前例がない』『規則だからダメ』と言わず
力になってくれる人がいたことが良かった」という。


この他に、FCには交通規制など撮影をスムーズに進めるための仕事が課せられる。


「るろうに剣心」の撮影を支援した山形FCの山川渉さんは

「製作費30億という巨大な規模の撮影を成功させた。

この実績は、今後も
この作品に匹敵する撮影ができるという証明になる」と語った。


(22日 毎日新聞)



山形県のロケーションは
実に、素晴らしいものが揃っていることは有名


数々の藤沢作品にも代表されるように
スケールの大きな自然形態が

作品に、絶大な力を与えている



山形市内に混在する、歴史的な建造物や

庄内地方に佇む
京文化の薫りと、清々しい田園風景


文化がしっかりと根付いた場所ならではの
人のおおらかさにも表れている。



映画産業の新たな"可能性"を秘めた山形県


今後、大注目だ。




がんばろう!! FC!!
スポンサーサイト
  1. 2014/07/25(金) 08:30:25|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<龍馬の気迫が帰ってくる。 | ホーム | 熊切監督、おめでとう!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yfcblog.blog43.fc2.com/tb.php/285-aa2219f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

YFCブログ用

Author:YFCブログ用
YFCに関連する最新の情報を
YFC構成員によって発信していきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード