YFC | ヨリイフィルムコミッション BLOG

寄居町を映像を通してPRしたいと立ち上がったのがYFC。
そんなYFCの事務局が不定期に情報発信中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

映画「陽光桜」特別上映会のお知らせ。

昨日は予報に反し
まさかの「雪」が再び降りました

日陰にはまだ、凍結箇所もあります
移動時には細心の注意をしてくださいね


がんばろう!! 代表でございます。



今朝は「YFC ヨリイフィルムコミッション」からのお知らせです。


来る3月12日(土)
寄居町中央公民館ホールにおきまして

【映画『陽光桜』を観る会】を開催いたします。


こちらは、通常の「寄居 映画会」とは別に

寄居町内に「桜」を植える活動をし8年目になる
「一年中桜に出会える町よりい実行委員会」(代表 大久保和勇)さん主催による、特別上映会となります。



今回、ある一本の桜(品種)が取り持ったご縁で
このステキな企画が立ち上がりました。

昨年11月に公開された
映画「陽光桜」主演・笹野高史さん


愛媛県に生まれ、2001年に92歳で亡くなった
「知られざる偉人」高岡正明氏の生涯を描いた感動のヒューマン・ドラマであり


寄居町にも数多く植えられた「陽光」という名の桜

この「陽光桜」を誕生させるまでの正明氏の生涯が
終戦七〇周年記念作品として昨年公開され

「2015年 モントリオール世界映画祭」正式上映作品
「2015年 セントルイス国際映画祭」正式上映作品にもなりました。


この度、深谷シネマさんのご協力もあって
当日の13:30~、18:00~の2回上映と共に

高橋 玄監督と俳優さんの「舞台挨拶」が行われます。


素晴らしい実話の感動作品を
「陽光」という名の桜が、寄居町に呼んでくれました!



料金は前売り一般が 1,000円(当日 1,200円)
高校生以下は500円で

寄居町商工会、寄居町観光協会、Cafe NaKaNaKa(桜沢)
さとみ薬局、新島薬品、今井屋、山崎屋、大橋理容室

せいこうえん、アグリン館(折原)、深谷シネマさんでも
「前売り券」お取り扱い中!



主催「一年中桜に出会える町よりい実行委員会」

後援:埼玉県/埼玉県教育委員会/寄居町/寄居町教育委員会/寄居町商工会/寄居町観光協会
朝日新聞北埼玉支局/埼玉新聞社/埼北よみうり新聞社/産経新聞さいたま総局/東京新聞さいたま支局/毎日新聞熊谷支局/読売新聞さいたま支局/NHKさいたま放送局/テレ玉/FM NACK5

協力:深谷シネマ/YFC ヨリイフィルムコミッション


お問い合わせ「寄居観光クリエイション」 048(577)3307



※当日は、今年10年目を迎えた「YFC ヨリイフィルムコミッション」を代表して
18時からの上映会に参加(ご挨拶)のため

営業時間は17時迄とさせていただきます。


何卒、ご了承お願いいたします。




がんばろう!! 陽光桜!!
  1. 2016/01/21(木) 08:29:35|
  2. YFCの取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「YFC ヨリイフィルムコミッション」からのお願い。

昨日は汗ばむ陽気の中
「運動会」の開催も多かったようです

今日また
気温の下がる、週初めとなりました


がんばろう!! 代表でございます。



今日の「お休み」は
これから、お蕎麦を食べに長瀞〜秩父へ出かけて

午後からは都内へと移動します。


今日と明日のドラマロケへのご応募も
まだまだ、受け付けておりますので

明日の午後から「時間取れるかも」という方は
現場に直接、お越しくださいね!



一昨日
メンバーからの報告があり

以前から、連絡を受けていない「撮影」に対しての
情報を町内のみなさんから頂くこともございまして

今回、良い機会ですので
こちらの方に書かせていただきたいと思います。


私たち「YFC ヨリイフィルムコミッション」は
制作会社様のご依頼を受ける形で

それに必要な準備を進める民間のボランティア団体です。

(ほぼ、全国共通の一般的な役割)


ロケハン(イメージの撮影場所探し)から始まり

撮影地・施設等に伴う許可申請や
エキストラ募集、ロケ弁や宿泊の手配などなど…

その作品に応じた内容のお仕事を
ご協力させていただいております。


そこから、地域振興に繋がるような

様々な「仕組み」に発展させるのが
僕らFCの、それぞれのセンスと地域での「立ち位置」となる訳ですが


撮影実績が増える一方で

「撮影の全てが彼らが関係している」という
そうした捉え方にも当然なるゆえに

例えば作品によっては
僕らではなく、行政機関や

その施設へ直接のご連絡があったり

もちろん
僕らを通さなければ、町での撮影ができない訳でもありませんので


僕らが把握しきれて(聞いて)いない
「撮影」なども多いのは実は事実なんですね。


知らないうちに行われ、後で教えていただき確認した
映像学校の「卒業製作」や

一般の方の、結婚披露宴用の
「お祝いVTR」撮影なども過去に実際ございました。



今回は、一昨日
メンバーから河川敷で「ヌード撮影(スチール)」の情報を

やはり、一般の方からのご連絡で知ったと…


これが、一番困ります。


特別「内容」で作品を区別する気は無いのですが

なんと、5名ほどの女性が白昼
河原でスッポンポンで撮影してると聞いてしまった以上


「YFCがやってる」と言われ、誤解されかねないので

すぐにメンバーが現場に向かったようですが
撤収後のようでした。



個人的な撮影なのか
そういった類の「雑誌」撮影なのかは判りませんが

僕らも今回、初のケースでしたので


そのすべてを僕らが
直接、関係していることではないということと

とは言え
ご連絡を受けた作品においても、細心の注意を心がけ

なるべく、地域のみなさんのご迷惑にならないよう
活動しているつもりでございます。



今後ともひとつ
町内、撮影のご理解とご協力をお願いすると同時に

もしも不審な撮影現場に居合わせたならば
ご面倒でも、ご一報頂けます様

重ねて
宜しくお願いいたします。



「YFC ヨリイフィルムコミッション」代表・大橋




がんばろう!! ロケ!!
  1. 2015/10/05(月) 11:16:12|
  2. YFCの取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そのどれもが、自分を「表現」する上で必要な事柄。

はぃ
早くも8月の第3週です

ヒゲの日の立秋も過ぎ
週の後半からは、本格的な「お盆休み」に入りますね


がんばろう!! 代表でございます。



今、話題の塚本晋也監督の映画「野火」
いよいよ本日から「深谷シネマ」さんでも上映されます

昨日の「埼玉新聞」さんにも
大きく取り上げられておりました。


「大人として、戦争状態で次の世代に引き渡すわけにはいかない」
監督の言葉が重みを増します

ぜひ、県知事選挙への投票を済ませ
「深谷シネマ」さんへ!



また本日は
町内某所で撮影が行われます

そして、別作品のロケハンも
ある場所で行われます。


僕が「本業」で出られない時は
YFC ヨリイフィルムコミッションのスタッフが、適材適所で動いてくれます

本当に助かっておりますょ。



僕は現在
「仕事」で此処に居る訳で

「休日」を潰そうが
出かけていても、そのために早めに切り上げて来ようが

それが出来る立場でもあり


また、それも僕の「仕事」のうちなので
ライフワークの一環として続けております。


おそらくは
そんな姿勢をずっと見せているつもりなので

メンバーも、様々なカタチで
携わってくれているのだろうと思っております。



映画やドラマのロケを誘致するだけではなく

そこから広がる新たな「産業」が生まれるように

あくまでも、事業を通じて
地域振興や「将来ビジョンを描くことの出来る場所」にしたい

それが本来の、実は僕らの目的です。


個人としてのアイデンティティ
「表現方法のひとつ」でもあると同時に

地域の大人が休日を削り
労力や、少々のポケットマネーをたまには使って

暑さ寒さ、昼夜問わず
やらなくもよいことをやっている訳ですから


それにはそれなりの
しっかりとした、やる「理由」が存在いたします。



大人がやることなので
やはり、お金を生むこと

地域の経済を回すことを
例え、第一にではなくとも

「意識しながら」行うことは
僕に言わせたら当然のことなんですね。


撮影隊も役者さんも
お互い趣味でやっている訳ではないので

それは僕らも同じこと


その「活動」を通じて
自分の考え方だったり、物事の捉え方であったり

その能力と共に

自分がちょっと動くことで
ひとつの事柄が成立すること


そこには数え切れない人たちが携わり

自分たちがその一員になること


それをまた
全国(世界)のみなさんに、ご覧いただけること


そこにはもはや
お金だとかではないものの「価値観」を感じる訳です。


お金を動かしたいけど
自分たちへの報酬ではない部分

イニシアティブであり、こうした考え方の出来る人が
様々な分野で現在動いているのだと思います。


つまり
人や仕事が集まる人間は、大抵いつも決まった人となります。



自分を表現する「手段」を幾つも持ち合わせ

結局、その全てが
自分を常に創り上げていること


それを外へとアピール(発信)することにより
また、新たなフィールドを自ら開拓すること。


今の時代
「一つのこと」だけではなく

マルチな部分を強みにしていける人

もちろん、それが出来るシチュエーションや

「それをしなければ」といった
危機感からなる、必要性に迫られた人など

タイプにはよりますが


人から支持される「考え方」を軸として
活動してゆかなければなりません。



すべてのことは
自身の『目標』に繋がっている訳ですから。




がんばろう!! その先へ!!

  1. 2015/08/09(日) 06:07:58|
  2. YFCの取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続けていなければ、何も広がらない。

昨日から
GWに入った方も多かった様です

気がつけば
4月も最終日ですょ


がんばろう!! 代表でございます。



5月を迎えるにあたり
昨日、仕事の合間をみて

C・チャップリンの映画「City Lights 街の灯(1931年)」
こちらのポスターを飾り

今朝
カチンコも棚に飾ってみました。


徐々に「映画とヒゲ」
そんなイメージを、お店でも出してゆきたいと思っております。


そんな中
親交のある、役者さんからメールを頂きました

彼とは、彼の仲間たちとの「自主映画」製作を数本
YFC ヨリイフィルムコミッションとしてお手伝いしたことがきっかけで


以前にご紹介した
彼の監督作品でもある「ファクター」は

アーティスト ケミカル・ボリュームさんの
MVにも起用され

その時の撮影現場・風景は
NHKさんの情報番組でも取り上げていただきました。


その彼が長年、夢を追い続けた東京を離れ
数年前に故郷の金沢へと戻り

今回のメールの「お話」へと繋がります

ご本人の承諾を得て
本文そのままに、ご紹介させていただきます。



【テレビドラマに出演致します】

泉鏡花の世界 壇蜜さん演じる
金沢でTV番組収録:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)


今回の出演の経緯ですが、やや長文になりますが
お時間ありましたら、読んでいただけると嬉しく思います。

フィルムコミッションという団体があります。

映画やドラマ等でエンドロールを見てるとよくクレジットされてますよね。

僕も存在は知っていましたが
実際に密に関わることになった初めてのきっかけは

埼玉県の寄居町というところで自主映画の撮影をした時に
YFCヨリイフィルムコミッションさんとの出会いでした。

フィルムコミッションのみなさんは自分たちの街の良いところも悪いところも知っていて
やはり、撮影の合間に話したりすると、いろいろ熱く話してくれるのです。

それが良いところも悪いところも話しているのですが
自分の街を愛しているんだなとこちらは感じるわけです。

僕が勝手に寄居御三家と呼んでいる、笑
大橋代表、町田さん、瀧澤さん、には本当にお世話になりました。

寄居にてたくさんの方々を紹介していただき
お世話になりました。

僕が金沢に戻ることになった時に
大橋代表は、「続けるんでしょ?」とふと一言。

でもそれがまた身に沁みた言葉でした。

金沢に戻って、正直なにか仕事があるのかと日々
期待もせず

東京ではみんな仕事が次々と決まっていき
やはり離れてしまうと疎遠になってしまう人もいて。

そんなある日
金沢フィルムコミッションに偶然僕の知り合いがいることを知り

その方から、「泉鏡花を題材の1時間のテレビドラマがあるんだけど
プロデューサーにユタカくんを推薦したんだ、一度会ってみてよ。」と言われ

プロデューサーに会って
2月、今回のお仕事をいただきました。

フィルムコミッションという縁が東京から戻った自分にチャンスを与えてくれました。

主演は壇蜜さん、鏡花の浪漫主義、幻想的な作品にぴったりです。

脇を固める役者さんたちは
僕が芝居を始める下積みでお世話になった劇団アンゲルスの宗村春菜さんや

観に行ったこともある劇団羅針盤の役者さんと
そんな方々と同じ作品に出演できて嬉しく思います。

続けていてよかったです。

今後も自分と向き合いながら
そして、まわりの人、まわりのことにも興味を持ち

気にかけてくれている方々にいいニュースを届けられるように
少しずつ、前に進んでいきたいと思います。

相変わらずの長文、もうしわけございません。

また、告知、宣伝いたしますので
今後ともよろしくお願いいたします。



本文はここまで


彼は金沢に戻り
すぐに映画のW主演の座を射とめ、活躍中の中

今回のチャンスをも射とめました。


東京での活動や、彼の人柄
そして何よりも「続けていたこと」

自分で、そのチャンスをたぐり寄せた訳です。



かつての自分と、どこか重なる部分も多く

諦めずに「続けていること」こそが
やはり、現在の自分を創っていることへと繋がる


「人生はロード・ムービー」


ぜひ、今後も彼に注目していてください!




がんばろう!! アクター!!

  1. 2015/04/30(木) 10:03:56|
  2. YFCの取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「人」を発信する時代。

さぁ
「新年度」のスタートです

気温は、昨日ほどではありませんが
本日も良いお天気です


がんばろう!! 代表でございます。



それぞれに、新たな一歩を踏み出す4月

お互いに
応援しながら、やってゆきたいものです


また、27年度も
宜しくお願いいたします!



さて
昨日、手元に届いた小冊子

メディアが伝えた話題の向こう側
『寄居学「人物編」』

寄居の人が、寄居の人へ伝えたいこと

そんな、サブタイトルがついております。


NPO法人 寄居観光クリエイションが紹介する
マスメディアに取り上げられた10団体、10人が

本当に伝えたいことにスポットを当て
インタビュー形式で綴られております


4番目に
「YFC ヨリイフィルムコミッション」代表として登場しております。


巻末には
2012年10月から、2015年3月15日までの

寄居町が紹介された
新聞記事タイトルが標記されております


是非、1冊
お手に取ってみてください。




がんばろう!! 人!!
  1. 2015/04/01(水) 08:59:07|
  2. YFCの取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

YFCブログ用

Author:YFCブログ用
YFCに関連する最新の情報を
YFC構成員によって発信していきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。